Yuta Itoh / 伊藤 勇太, (Dr. rer. nat.)

Publications / 論文

See our publication page./ 論文リストをご覧ください。

Grants / 研究費

2017/12–2022/03 (5 years) PI 代表 JSPS Leading Initiative for Excellent Young Researchers (LEADER)  JSPS 卓越研究員
2017/10–2021/03 (3.5 years) PI 代表 JST PRESTO “The Future of Humans and InteractionsJST さきがけ「人とインタラクションの未来
2017/04–2021/03 (4 years) PI 代表 JSPS Grant-in-Aid for Young Scientists (A) JSPS 科研費 若手研究(A)17H04692
2017/04–2020/03 (3 years) PI 代表 JSPS Grant-in-Aid for Challenging Research (Pioneering) JSPS 科研費 挑戦的研究(萌芽)17K19985
2016/10–2017/03 (0.5 years) PI 代表 JST CREST 1st AIP Challenge JST CREST 第1回AIPチャレンジ
2016/08–2017/03(0.66 years) PI 代表 JSPS Grant-in-Aid for Research Activity Start-up JSPS 科研費 研究活動スタート支援 16H07169

Awards / 受賞

2019.03Best Journal Paper Nominee, IEEE VR 2019
2018.04Best Paper Honourable Mention Award, CHI 2018
2018.03IEEE Virtual Reality Honorable Mention 2017 Dissertation Award, IEEE VR 2018
2017.04AIP Network Director Award, 1st JST CREST AIP Challenge Program
(JST CREST第1回AIPチャレンジプログラム AIPネットワークラボ長賞)
2017.033rd-place Best Paper Award, Augmented Human (AH) 2017
2016.03Best Paper Runner-up Award, IEEE International Symposium on Augmented Reality 2016
2016.02Best Paper Award, AH 2016
2015.03Best Paper Award, AH 2015
2014.03Best Paper Award Honourable Mention, IEEE 3D User Interface 2014

Experience / 職歴

2017.12–現在(Present) Assistant Professor Tokyo Institute of Technology
(Tenure-track, JSPS LEADER Fellowship)
国立大学法人 東京工業大学 情報理工学院
助教  (テニュアトラック, JSPS卓越研究員)
2017.12–現在(Present) Concurrent Researcher Japan Science and Technology Agency (JST)
(JST PRESTO, “The Future of Humans and Interactions”
国立研究開発法人 科学技術振興機構
兼任研究員 (JSTさきがけ「人とインタラクションの未来」
2017.10–現在(Present) Visiting Assistant Professor
Keio University, Faculty of Science and Technology
(Sugimoto Lab.)
学校法人慶應義塾 慶應義塾大学 大学院理工学研究科
訪問助教 杉本麻樹研究室
2017.06–2017.12, 2018.04–現在(Present) Visiting Researcher Riken AIP, High-dimensional Statistical Modeling Unit 国立研究開発法人 理化学研究所 革新知能統合研究センター 高次元モデリングユニット 客員研究員
2017.10–2017.11 Researcher JST (JST PRESTO, “The Future of Humans and Interactions”) 国立研究開発法人 科学技術振興機構
専任研究員 (JSTさきがけ「人とインタラクションの未来」
2016.04–2017.09 Project Assistant Professor
Keio University, Faculty of Science and Technology
(Sugimoto Lab.)
学校法人慶應義塾 慶應義塾大学 大学院理工学研究科
特任助教 杉本麻樹研究室
2013.04–2016.03 Researcher Technische Universität München
(Fachgebiet Augmented RealityProf. Klinker)
ミュンヘン工科大学 情報科学科
研究員 Fachgebiet Augmented RealityProf. Klinker
2011.04–2013.03 Researcher
Toshiba Corp. Research and Development Center (Multimedia Lab., Interactive Media Lab.)
株式会社 東芝 研究開発センター
研究員 (マルチメディアラボラトリー・
インタラクティブメディアラボラトリー)

Education / 学歴

2016/3Dr. rer. nat.  (“summa cum laude” = “with highest honor”) in Computer Science, from Technische Universität München (Supervisor: Prof. Gudrun J. Klinker)ミュンヘン工科大学 情報科学科 博士号 (Computer Science, 最優秀認定(†))取得
  (指導教官: Prof. Gudrun J. Klinker, †: 学内博士号取得者上位5%目安)
2011/3Ms. Eng. from Tokyo Institute of Technology
(Supervisor: Associate Prof. Masashi Sugiyama)
国立大学法人 東京工業大学 大学院情報理工学研究科 計算工学専攻 修士課程 修了 修士(工学)
指導教官: 杉山将 准教授
2008/8–
2009/7
Exchange study at  Technische Universität Münchenミュンヘン工科大学 派遣交換留学 
2008/4Enrolled to Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology国立大学法人 東京工業大学 大学院情報理工学研究科 計算工学専攻 修士課程 入学
2008/3B. Eng., Graduated from Department of Computer Science, School of Engineering,
Tokyo Institute of Technology
国立大学法人 東京工業大学 工学部 情報工学科 卒業 学士(工学)
2004/4Enrolled to 5th Academic Group, School of Engineering, Tokyo Institute of Technology国立大学法人 東京工業大学 工学部 第5類 入学

Invited Talks / 招待講演

  1. 伊藤勇太, 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会, 「研究テーマの筋~最近の採択論文を交えて」, 東北大学青葉山新キャンパス 青葉山コモンズ , 仙台, 2018年9月21日
  2. 伊藤勇太3D フォーラム 第122回研究会 【3D 映像コンテンツと映像技術】, 「光学シースルーHMD による映像提示技術の研究動向」, 機械振興会館 , 東京, 2018年1月24日
  3. 伊藤勇太, Information Display Workshop 2017 Tutorial, 「光学シースルーHMD研究とその最新動向」, 仙台国際センター, 宮城, 2017年12月5日
  4. 伊藤勇太, 電子情報通信学会 立体映像技術研究会 (EiC 3DIT), 「[招待講演]光学シースルーHMDの立体映像・高臨場感に関する研究動向」, 湘南工科大学 , 神奈川, 2017年11月30日
  5. Takumi Hamasaki, Yuta Itoh, “Occlusion Leak Compensation for Optical See-Through Displays Using a Single-Layer Transmissive Spatial Light Modulator,” SIGGRAPH Asia 2017 TVCG Special Session On Mixed And Augmented Reality, BITEC,  Bangkok, Thailand, Nov. 28, 2017.
  6. 伊藤勇太画像の認識・理解シンポジウム 2017(MIRU2017)“Gaussian Light Field: Estimation of Viewpoint-Dependent Blur for Optical See-Through Head-Mounted Displays (ISMAR2016), ” 招待講演(IT-7) , 広島, 2017 年8 月10 日.
  7. 伊藤勇太, 電子情報通信学会 画像工学研究会 (EiC IE), 「[招待講演]光学シースルーHMD による忠実なAR 映像生成-視覚拡張技術の実現にむけて-」, NHK技研講堂, 東京, 2017年8月3日
  8. 伊藤勇太, 第40回コンピュータビジョン勉強会@関東, 「光学シースルーHMD高性能化に向けたCV技術の活用事例」, 東京, 2017年6月10日
  9. Yuta Itoh, “Indistinguishable AR towards Vision Augmentation: Optical See-Through HMDs, Perception, and Cognition,” The IEEE VR 2017 Workshop on Perceptual and Cognitive Issues in AR (PERCAR 2017), Los Angeles, California, USA, Mar. 18, 2017.
  10. 伊藤勇太, 画像の認識・理解シンポジウム2016(MIRU2016), 招待講演(IS1-02),  ” Semi-Parametric Color Reproduction Method for Optical See-Through HMDs(ISMAR2015), ” 浜松, 2016年8月2日
  11. Yuta Itoh, “Laplacian Vision: Augmenting Motion Prediction via Optical See-Through Head-Mounted Displays and Projectors,” SIGGRAPH 2016 Emerging Technologies Experience Presentations, Anaheim, California, USA, Jul. 28, 2016.
  12. 伊藤勇太, 日本VR学会大会2016 (VRSJ2016), オーガナイズドセッションVRの産業応用 HMDを中心に(14D-01), “HMD研究最先端つまみ食い,” 筑波, 2016年9月14日
  13. 伊藤勇太、 ISMAR2015特別一般公開イベント「ISMARが拓くAR/MRの未来」, “ISMAR2015に見る重要技術の最前線,” 福岡, 2015年10月3日
  14. Yuta Itoh, “Head Mounted Displays: How to realize ultimate AR experiences,” The 3rd Workshop on Visualisierung grosser Datenmengen in der Wissenschaft (VisDa3), ドイツ航空宇宙センター (DLR), Oberpfaffenhofen, Germany, Jun. 9-10, 2015.

Services / 貢献

  1. IEEE VR 2019 Conference-Paper Program Co-chair
  2. IEEE ISMAR 2018 Program Committee
  3. IEEE VR 2018 Journal/Conference Program Committee
  4. ACM VRST 2017 Publicity chair
  5. IEEE ISMAR 2017 Poster chair
  6. ACM VRST 2016 Poster Award Chairman
  7. IEEE SUI 2016 Publicity chair
  8. IEEE ISMAR 2016 Poster Award Member
  9. IEEE ISMAR 2015 Publicity chair
  10. IEEE ISMAR 2014 Registration chair

Patents / 特許

Japanese Patents (Registered) /【国内登録特許】(計5本、うち筆頭1本、共著4本)

  1. 特許5740370(特開2014-048276、特願2012-194414)、株式会社東芝、「領域特定装置、方法、及びプログラム」、山崎雅起、関晃仁、下山賢一、伊藤聡、伊藤勇太、岡田隆三、登録日2015年5月1日、公開日2014年3月17日、出願日2012年9月4日
  2. 特許6096626(特開2015-059914、特願2013-195736)、株式会社東芝、「計測支援装置、方法及びプログラム」、伊藤勇太、関晃仁、伊藤聡、山崎雅起、内山英昭、登録日2017年2月24日、公開日2015年3月30日、出願日2013年9月20日
  3. 特許5571128(特開2014-010559、特願2012-145885)、株式会社東芝、「計測支援装置、方法及びプログラム」、伊藤聡、関晃仁、伊藤勇太、山崎雅起、下山賢一、登録日2014年7月4日、公開日2014年1月20日、出願日2012年6月28日
  4. 特許5638578(特開2014-035272、特願2012-176664)、株式会社東芝、「観測支援装置、観測支援方法およびプログラム」、下山賢一、関晃仁、伊藤聡、山崎雅起、伊藤勇太、岡田隆三、登録日2014年10月31日、公開日2014年2月24日、出願日2012年8月9日
  5. 特許6104662(特開2014-186010、特願2013-062977)、株式会社東芝、「計測装置、方法及びプログラム」、山崎雅起、関晃仁、伊藤聡、伊藤勇太、内山英昭、岡田隆三、登録日2017年3月10日、公開日2014年10月2日、出願日2013年3月25日

Japanese Patents (Published, Unexamined) /【国内公開特許 (登録分除く)】(計8本、うち筆頭2本、共著6本)

  1. 特開2017-98268(特願2017-14340)、株式会社東芝、「同定装置」、伊藤聡、下山賢一、関晃仁、伊藤勇太、山崎雅起、公開日2017年6月1日、出願日2017年1月30日
  2. 特開2015-049200(特願2013-182511)、株式会社東芝、「計測装置、方法及びプログラム」、内山英昭、伊藤勇太、関晃仁、岡田隆三、公開日2015年3月16日、出願日2013年9月3日
  3. 特開2014-185996(特願2013-062546)、株式会社東芝、「計測装置」、伊藤聡、関晃仁、山崎雅起、伊藤勇太、内山英昭、公開日2014年10月2日、出願日 2013年3月25日
  4. 特開2014-186004(特願2013-062740)、株式会社東芝、「計測装置、方法及びプログラム」、関晃仁、伊藤聡、伊藤勇太、山崎雅起、内山英昭、公開日2014年10月2日、出願日2013年3月25日
  5. 特開2014-010111(特願2012-148658)、株式会社東芝、「計測装置、方法、及びプログラム」、伊藤勇太、関晃仁、下山賢一、伊藤聡、山崎雅起、公開日2014年1月20日、出願日2012年7月2日
  6. 特開2014-086149(特願2012-231669)、株式会社東芝、「同定装置、方法及びプログラム」、伊藤聡、下山賢一、関晃仁、伊藤勇太、山崎雅起、公開日2014年5月12日、出願日2012年10月19日
  7. 特開2014-098603(特願2012-249859)、株式会社東芝、「3次元モデル生成装置」、下山賢一、関晃仁、伊藤聡、山崎雅起、伊藤勇太、公開日2014年5月29日、出願日2012年11月14日
  8. 特開2014-098625(特願2012-250460)、株式会社東芝、「計測装置、方法及びプログラム」、伊藤勇太、関晃仁、下山賢一、伊藤聡、山崎雅起、公開日2014年5月29日、出願日2012年11月14日

US Patents / 【米国認定特許】 (計5本、うち筆頭1本、共著4本)

  1. Yamazaki, A. Seki, S. Ito, Y. Itoh, H. Uchiyama, and R. Okada. Measuring device, measuring method, and computer program product, December 6 2016. US Patent 9,513,114, (September 25 2014. US Patent App. 14/200,286).
  2. Yamazaki, A. Seki, K. Shimoyama, S. Ito, Y. Itoh, and R. Okada. Device, method, and computer readable medium for area identification using motion from a projected pattern, September 13 2016. US Patent 9,445,008, (April 10 2014. US Patent App. 13/799,781).
  3. Itoh, A. Seki, K. Shimoyama, S. Ito, and M. Yamazaki. Measuring device, method, and computer program product, July 5 2016. US Patent 9,383,221, (May 15 2014. US Patent App. 14/070,872).
  4. Ito, K. Shimoyama, A. Seki, Y. Itoh, and M. Yamazaki. Identification device, method and computer program product, March 22 2016. US Patent 9,295,141, (April 24 2014. US Patent App. 14/013,526).
  5. Shimoyama, A. Seki, S. Ito, M. Yamazaki, and Y. Itoh. Three-dimensional model generating device, December 29 2015. US Patent 9,223,024, (May 15 2014. US Patent App. 14/072,322).

US Patent Applications / 【米国出願特許(登録分除く)】 (計7本、うち筆頭2本、共著5)

  1. Itoh, A. Seki, S. Ito, M. Yamazaki, and H. Uchiyama. Measurement support device, measurement supporting method, and computer program product, March 26 2015. US Patent App. 14/481,979.
  2. Uchiyama, Y. Itoh, A. Seki, and R. Okada. Measurement device, measurement method, and computer program product, March 5 2015. US Patent App. 14/471,028.
  3. Ito, A. Seki, M. Yamazaki, Y. Itoh, and H. Uchiyama. Measuring device, September 25 2014. US Patent App. 14/196,018.
  4. Seki, S. Ito, Y. Itoh, M. Yamazaki, and H. Uchiyama. Measurement device, measurement method, and computer program product, September 25 2014. US Patent App. 14/194,979.
  5. Shimoyama, A. Seki, S. Ito, M. Yamazaki, Y. Itoh, and R. Okada. Observation support device, observation support method and computer program product, Apr. 17 2014. US Patent App. 13/826,719.
  6. Itoh, A. Seki, K. Shimoyama, S. Ito, and M. Yamazaki. Measuring device, measuring method, and computer readable medium, April 10 2014. US Patent App. 13/800,103.
  7. Ito, A. Seki, Y. Itoh, M. Yamazaki, and K. Shimoyama. Measurement support device, method and computer program product, January 2 2014. US Patent App. 13/799,473.